2015年11月07日

世界デビューしました。

なんちって(笑)でもある意味本当。
「tunecore」で10月いっぱいまでシングル1曲配信無料っていうのをやってたので、何か出そうと思い、DTMちょ〜初心者時にガレージバンドで作った曲をミキシングしなおして (←ダンナにやってもらいました) UPしました。
アップルループの組み合わせだけで作った曲。なのでいちばん低価格に設定しています。お気軽にポチッとしていただけると幸いです。
ちょ〜〜初心者でもこんな音楽が作れてるしまうんだよ〜って言う見本のような曲だと思ってます。
そんな中で、生命の波動、何かが生まれるワクワク感からクライマックスへ、そして静かに終わっていく感じを表現出来たと思います。
iTunes、レコチョク、その他、世界で販売していますので、是非聴いてみてください。
吉乃黄櫻『波動』

The first song was released in my life.
This has set in it is easy to most purchased price, because it is all are made of Apple loops.
But,this is really cool.
Even beginners with no DTM of technology, I think that it will sample that may, if even sense music can make. Threshold of making music is not high.

I expressed in this music, Life of the wave, something is born, and things like go over.
Please listen to this song “SURGE”.↓↓↓
Kizakura Yoshino first single “SURGE”

posted by 黄櫻 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

ピートコさん「私と音楽」

こんにちは。自称ミュージシャンの吉乃黄櫻です。(笑)
所沢の音楽情報を発信しているピートコさんの「私と音楽」に私の記事が以前から掲載されています。
この度、一部訂正してリニューアルしていただきました。
是非ご覧くださいませ。
私と音楽 「ロックとの出会いと作曲」吉乃黄櫻


posted by 黄櫻 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

Spider Lily - 曼珠沙華

まさに夏の終わりを告げるように、至る所に曼珠沙華が咲きはじめました。
刹那な命燃やして輝いていますね。
この季節にピッタシなこの曲を是非お聴きください。



Spider Lily
作詞・作曲 : 吉乃黄櫻

蒼天 (そら) に向かい 夏の終わりを
告げるように 大地を染めあげて
乱れ咲く 天上の花

此岸彼岸 (しがんひがん) の交差する
御霊 (みたま) 漂う時季に咲き

四華 (しけ) 曼陀羅華 摩訶曼陀羅華
曼珠沙華 摩訶曼珠沙華
紅白 (あかしろ) の 那由多の花弁 (はなびら)
舞い踊る

Spider Lily 青空にひかれたルージュ 揺らめいて
Cluster Amaryllis ひかめくよ 赫灼たる女神のよう
Spider Lily 私の心を捉えて 離さない
Cluster Amaryllis 幻惑の網仕掛ける 神秘の華よ

狂乱の 祭りの終焉
実を結ばず 命刹那に
燃え狂い咲く 妖 (あやかし) の花

悲願 命を救いたもう
同時に 死へといざないし

地獄花 死人花 (しびとばな) 毒花
葉見ず花見ず 曼珠沙華
相反する 数多の呼び名が
こだまする

Spider Lily アルカロイドを鱗茎に蓄えて
Cluster Amaryllis 人を惑わし狂わせる女のよう
Spider Lily 私の心を捉えて 離さない
Cluster Amaryllis 幻惑の網仕掛ける 魔性の華よ

Spider Lily 時に忌み嫌われ踏まれ 打ち捨てられて
Cluster Amaryllis 我が身重ね 愛おしさ募るばかり
Spider Lily 私を導いてくれ 地獄の果てまで
Cluster Amaryllis 虐げられながらも強く生きる 孤高の華よ


Copyright コピーライトマーク 2015 Kizakura Yoshino All Rights Reserved.

2015-09-15 10.44.50
2015-09-15 10.44.50 posted by (C)SEAL OF CAIN

2015-09-15 10.45.07
2015-09-15 10.45.07 posted by (C)SEAL OF CAIN

2015-09-15 10.45.22
2015-09-15 10.45.22 posted by (C)SEAL OF CAIN

2015-09-15 10.45.37
2015-09-15 10.45.37 posted by (C)SEAL OF CAIN

2015-09-15 10.45.47
2015-09-15 10.45.47 posted by (C)SEAL OF CAIN

2015-09-15 10.46.04
2015-09-15 10.46.04 posted by (C)SEAL OF CAIN

2015-09-15 10.46.32-2
2015-09-15 10.46.32-2 posted by (C)SEAL OF CAIN


posted by 黄櫻 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

阿部定のこと

この前飲み会で、ちょっと阿部定が話題にあがりました。
私は映画『愛のコリーダ』を観て阿部定に興味を持ち、いろいろ読めば読むほど面白く、まさにハマったのですが、阿部定に共感出来る訳ではないんです。
阿部定って自分とは全く正反対なんです。
私は、こう見えても(笑)、よく凹んだり悩んだりくよくようじうじ考えるタイプなんですが、阿部定って人は全く悩んだり苦しんだりしないタイプなんじゃないかと思うんですよね。
悩んだりする前に我を通して行動しちゃいますから、ああいう事になったんだと思うんです。
そこの所が実に面白いと思うんです。
恨みつらみ等演歌的世界とは無縁と言うか。
阿部定が愛したのは吉蔵そのものではなく、吉蔵のち×ぽだと思うんですよね(笑)
勿論、阿部定には自覚はなく「生涯でただ一度ホンキで惚れた」なんて言っている訳でして。
そんな阿部定の事を曲にしてますので、是非聴いてみてくださいませ!
YOU TUBE映像も作っているので、以前このブログでもUPしましたが再度貼っておきますが、映像的にはちと苦しい面が^^;



SOUND CLOUDの方が音も良いと思うので、是非こちらを〜〜
SOUND CLOUD - YOSHINOKIZAKURA

歌詞は、昭和のエロを表現するならピッタシだと思い、敬愛する澁澤龍彦先生的なフレーズをたくさん使わせていただきました。


二人キリ
作詞・作曲 : 吉乃黄櫻

狂おしい欲情の 焔に灼かれて
みだら事をかきたて アタシの器官疼いて
悦楽の玉座から どこへも行かせやしない
終わりなき 放埒な日々

アンタの屍躰(からだ)に アタシの名を刻み
二人の間に 何者も入らせないワ

転がる牛刀 紅く染まる敷布
これで 漸くアタシたち 二人キリ

生涯でただ一度 ホンキで惚れた
あなたが私だけの ものになりました

絞頸プレイ アタシの中でソレ 痙攣して
未体験ゾーンにやられ 悦び 酔い痴れて
愛し可愛い薬莢 誰にも触れさせやしない
終わりなき 危険な遊戯

いちばん可愛い 大事なものだから
いたぶりつくして 切り取って持って行くワ

転がる牛刀 紅く染まる敷布
これで 漸くアタシたち 二人キリ

Copyright © 2015 Kizakura Yoshino All Rights Reserved.

ラベル:阿部定 二人キリ
posted by 黄櫻 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

ベンチャーズ〜ドン・ウィルソン ラストツアー〜行ってきました!

2015-08-23 11.26.15
2015-08-23 11.26.15 posted by (C)SEAL OF CAIN

2015-08-22 16.02.24
2015-08-22 16.02.24 posted by (C)SEAL OF CAIN

毎年毎年全国各所回っているベンチャーズ。
いつでも観られるしね、なんて随分前に友達と話してましたが、ヘタしたらメンバー亡くなるから早く観に行っとかないとね、なんて言いつつ、今回やっと初でした。

ちょい年配の友達のダンナが
「ベンチャーズは大ホールなんかで観ちゃダメ。地方の小さい公民館で座布団に座って観るものだ」
なんて言っていて、それ(・∀・)イイ!! なんて会話をしてました。

んで今回、所沢市民文化センターミューズホールでのコンサートです。
公民館で座布団に座って観た訳ではないけど、雰囲気そんな感じの暖かいライブでした。
今回で最後の来日のドン・ウィルソンは80代だし、演奏とかノリ的には期待をしていなかったのですが、いやー良かったです!!
とーちゃんの後を次いでベンチャーズのドラマーになったリオン・テイラーが、とにかくしっかりしてますし、ベース&ギターがどちらもマルチに楽器交換して弾けるし、ジェリー・マギーのエレアコなんかも素晴らしくビックリでした。
長年ずっと現役で演奏してきているから、やはり再結成してリハビリするバントとは違いますね。

ドン・ウィルソンは、最近は凄くパワフルで「テケテケ」じゃなくて「ジャカジャカ」って感じですが(笑)、そのファンも、おそらく本人も弾くの楽しくて大好きな「テケテケ」のリズムがあやしくなってきたので、そんな事も引退の理由の1つにあるのかもな、と思いました。
飛行機の移動が辛くなってきた、という事らしいですけどね。

主にドラムのリオン・テイラーが、日本語まじえながらのMCをしていました。
「ベンチャーズのオリジナルの作曲」と何度か言ってましたが、日本の歌謡曲をいくつも作曲されてるのを皆さんご存知かと思います。
演歌が多くて、ちょっと眠くなったりしちゃいました(笑)

それにしても、オリジナルもカバーも良い曲揃いで楽しめたし、また照明がカッコ良かったです!
このホールで私も演奏したいな〜なんて思ってしまいました。
ミューズは何度か行っているけど、ロック系はあまりやってない気がします。

今NHK総合でサンダーバードやってますが、テーマ曲がほんっっと良いんですよね。ベンチャーズも昔のシリーズものの主題歌もいくつかやられててカッコ良いですよね。

今回最後のドン・ウィルソン、私英語はわからないのですが、自分は今回の来日が最後だけど、来年はベースのボブ・スポルディングの息子が加入し、ベンチャーズは永遠に続きます、って事言ってたみたい、と同行者に話してたんだけど、調べたらスポルディングがリズムギターに変更、スポルディングの息子さんがベーシストとして加入するそうです。
いやあ、凄いっす。代々引き継がれて続いて行くバンド、ベンチャーズ。

そうそう、会場に着いたら、なんと隣がお友達だったんです!ビックリ〜〜
こちら同様ご夫婦で、イケメンのご主人にははじめてお会いしました(=^^=)

めちゃ好きなかっちょい〜ビデオクリップ貼っときます↓↓↓




posted by 黄櫻 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

冨田勲『月の光』

BS JAPANのエンター・ザ・ミュージックという番組で、この前冨田勲特集の2回目『月の光』がとりあげられていました。
冨田勲特集1回目の『ジャングル大帝』を見逃したのは痛恨の極み。ぜっっったい再放送していただきたいですっっ!

冨田勲さんは、私の亡き父の大学の同級生で友人で、父は『ジャングル大帝』のレコーディングも手伝っていまして、実家にゴールドディスクがあるんですよ〜
この『月の光』は小さい頃レコードでよく聴いてまして、9曲目の「ゴリウォーグのケークウォーク(「子供の領分」第6曲)」なんかキャッキャッ言いながらはしゃいで聴いてた記憶があります。楽しくて大好きでした。
この番組を観たら、この懐かしいアルバムをまた聴きたくなり、聴いてみたら子供の頃とは違う新たな発見がいろいろありました。
もうホント素晴らしすぎて。
宇宙に飛んでいく感覚。α波とか、すんごい出てると思います。不眠症や、あらゆる精神障害の治療になるんじゃないか、とマヂで思いました。
音ひとつひとつの素晴らしさ、今聴いても全く古くならないアレンジの斬新さ、もうホント凄すぎてビックリです。
うまく言えなくてじれったいのですが、とにかくこのアルバムは、どのジャンル好き関係ナシに誰もが聴くべし!!と言ってしまいましょう!!
夜寝る前がちょ〜〜オススメです。



エンター・ザ・ミュージックでは、1000万円するモーグシンセサイザーを購入した時のお話など、面白かったです。
税関を通らなくて、1ヶ月も待たされ、さらに保管料金までとられたとかΣ( ̄Д ̄;)

そーいや中学生になってからロックに夢中になった私、クラシックオタクの父にはロックを随分ばかにされまして、EL&Pの『展覧会の絵』を聴かせてみたら「くだらん」の一言で片付けられた事なども思い出しました(笑)
今になってみれば、お互いにいろいろと意地をはらずに、理解し合えて、音楽の話をもっと出来たら良かったな、と思います。



posted by 黄櫻 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

ロックじゃない曲つくりました【コンテスト応募】

音楽投稿サイト・クレオフーガで、TVアニメ「カードファイト!! ヴァンガードG」の新エンディングテーマを担当する、今大活躍中のアイドルグループ「STARMARIE」さんの新曲を大募集 っつー事で、つくってみました。
STARMARIE 作曲コンテスト

出だしの歌メロが浮かんでいた所、この企画のお知らせを見たので作ってみようかという訳でして。
20日に間に合わなくても、出来る所まででも作って出してみようと思っていたら、一週間ちょっとで完成して自分でもビックリです。知らず知らずのうちにDTM力がついているのかな(∩´∀`)∩
かなりポップな、STARMARIEさんの特徴だという「ダークファンタジーな世界観」では全くない曲に仕上がったのだけど、まあ、これはこれで、とっっても良い曲が出来たと思います!!
自分では特にチョッパーベースが実に心地よく、お気に入りです。メロディーがすんごいハッキリしてます。アニソンぽい感じかな。
マクロスヲタのダンナに、シェリルが歌ってる曲に似てると言われ、聴かせてもらったら似てたのですが^^;

「ダークファンタジーな世界観」な曲も作ってみたいと思ったのですが、このコンテストには全然間に合わないと思い保留。
でも、自分が演奏したい曲とか関係なしに (まあ今腱鞘炎で演奏も出来ないんですけど(;_;)) いろんな曲を作っていきたいな〜と思います。
是非聴いてみてください!!↓↓↓

STARMARIE作曲コンテスト応募曲 | 吉乃黄櫻

posted by 黄櫻 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

中森明菜の『十戒』をアレンジしてみました。

明菜の『十戒』好きですね〜
作曲は高中正義です。



んでこの歌詞、相手の男が可哀想すぎて笑えます。そこまで言うか!と。
出だしが「愚図ね」ですぜ。「救いのない人ね、悲しくなるのよ」とまで言われちゃってもう(≧▽≦)
ちなみに作詞は、売野雅勇。「少女A」や「1/2の神話」もこの方なんですね。

LogicXでYAMAHAのmidiデータを使ってアレンジしました。
ギターは私が弾いてます。腱鞘炎で痛いけど頑張りました。
ストリングスとかいろんな音をガガッと消しちゃって、キーボードはそのまま手をつけてないんだけど、ベースはかなりいぢりました。(弾いてはいません。ほとんどコマンドクリックで入力。)
今回はダンナの助けを全く借りてなく、自分1人で全部やってます。おそらくドラムはダンナに頼めば、もっとかなりカッコ良くなるかもしんない^^;
んでYOU TUBE映像は作ってないので、すみませんがSound Cloudかクレオフーガに飛んで聴いてみてくださいませ<(_ _)>↓↓↓ 可能な方は「いいね」とかくださると励みになります。よろしくです。

十戒【Sound Cloud】

十戒【クレオフーガ】

次は『地平を駈ける獅子を見た』のHEAVY METALバージョンをやりたいと思ってます(笑)
midiデータどっかにないでしょうか。








posted by 黄櫻 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

オリジナル曲『Spider Lily』をUPしました。



元々は、とある曼珠沙華の事を書いた詞からインスパイアされて出来た曲。
音楽をずっとやってきた中で、いろいろな出来事や思いがありながら、全てはなくてはならなかった出来事であり、この曲の完成に繋がっているんだなあ、凄い事だなあ、としみじみと思います。
魂がふるえるような強力なロックを基本に、今ではなくなってしまった昭和歌謡曲のメロディーの素晴らしさを取り入れて作曲をしたいとの思いを形に出来たのではないかと思います。

歌詞に関しては、彼岸花の事を調べているうちに、この花の異質さ、おもしろさにどんどん惹かれていき、その二面性を人間にも例えながら歌詞にしました。
強烈に惹かれる人たちと忌み嫌う人たちの存在する花であり、虐げられ過酷な環境におかれながらも、強く生き残ってきた花です。
タイトルの「Spider Lily」や Cluster Amaryllis は彼岸花の英語であり、日本での別名は千以上知られています。
彼岸花についての本2冊 も是非ご覧いただけたらと思います。
ダンテの神曲じゃないですが(笑)1番を天国篇、2番を地獄篇みたいにしてみました。

Spider Lily

蒼天 (そら) に向かい 夏の終わりを
告げるように 大地を染めあげて
乱れ咲く 天上の花

此岸彼岸 (しがんひがん) の交差する
御霊 (みたま) 漂う時季に咲き

四華 (しけ) 曼陀羅華 摩訶曼陀羅華
曼珠沙華 摩訶曼珠沙華
紅白 (あかしろ) の 那由多の花弁 (はなびら)
舞い踊る

Spider Lily 青空にひかれたルージュ 揺らめいて
Cluster Amaryllis ひかめくよ 赫灼たる女神のよう
Spider Lily 私の心を捉えて 離さない
Cluster Amaryllis 幻惑の網仕掛ける 神秘の華よ

狂乱の 祭りの終焉
実を結ばず 命刹那に
燃え狂い咲く 妖 (あやかし) の花

悲願 命を救いたもう
同時に 死へといざないし

地獄花 死人花 (しびとばな) 毒花
葉見ず花見ず 曼珠沙華
相反する 数多の呼び名が
こだまする

Spider Lily アルカロイドを鱗茎に蓄えて
Cluster Amaryllis 人を惑わし狂わせる女のよう
Spider Lily 私の心を捉えて 離さない
Cluster Amaryllis 幻惑の網仕掛ける 魔性の華よ

Spider Lily 時に忌み嫌われ踏まれ 打ち捨てられて
Cluster Amaryllis 我が身重ね 愛おしさ募るばかり
Spider Lily 私を導いてくれ 地獄の果てまで
Cluster Amaryllis 虐げられながらも強く生きる 孤高の華よ

Copyright コピーライトマーク 2015 Kizakura Yoshino All Rights Reserved.
posted by 黄櫻 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

阿部定の事を歌った『二人キリ』をUPしました。

まずは近況報告など。
去年は、しつこい咳や左手首を捻ると痛かったりで悩まされましたが、今年もヒドすぎる状況です・゚・(ノД`)・゚・
1月には酔っぱらってすっ転んでヒドい顔になり、たんこぶがまだ残っていたり(੭ ξ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭ु⁾⁾ 2月半ばから手を使う仕事で残業が多かった時に右手の親指つけねを曲げると痛くなり、そのうち曲げなくても痛くなり、左手は「ばね指」でギターも弾けないです。
(そうそう、3月には外食で目当てのお店を探しながら歩いていた時に、何故か何もないのにコケて軽い捻挫・゚・(ノД`)・゚・)
土曜日に実家の近くの、うちの家族皆昔からお世話になっているペインクリニックで両手に注射を打ってきました。んで今その注射のせいで痛い状態で仕事も休んでます。
2本目の注射後に血圧急低下してビックリ。しばらく横になり、血圧が正常化してから帰りました。怖いよ〜
でもクリニックの先生に、もうすんごい久しぶりにお会い出来たのは懐かしくて良かったなあ。

そんな中で、この『二人キリ』という曲、曲が出来だしてから、かれこれ1年ぐらい経って、やっとこの状態です。
ガレージバンドから四苦八苦しながら始め、去年の11月にLogic Xを購入。楽器もマルチに何でも出来る訳ではないので、ドラムパターンなんかも勉強しつつ、コンピューターにも強い訳ではないのでDTMも迷走しながら。
さらには私はトム・ショルツでもないので全パート自分1人でなんて至難の業で、やっとここまでに仕上げました。
ダンナにかなり協力してもらいました。
ライブなんかもしばら〜〜くやれてないし、バンドもないし、ミュージシャンな友達が多いので、目に入ってくるライブ告知をチキショー羨ましいじゃねーかと思いつつ眺めてましたが、この状況なのでバンドが今なくて良かったとホッとしてたりします(´;ω;`)
まあ、まだいろいろダメな点はあるんだけど、曲そのものはカッコ良く出来てると思うので、歌等は生暖かい目でご容赦しつつ、是非聴いていただきたいと思います。
フリー画像や自分の画像を組み合わせてYOU TUBE映像を作りました。静止画だけで5分ほどを埋めるのが大変で、何度も同じ画像が出てきて何なんだよ!とお思いになるかもしれませんが、どーかご容赦を(;´∀`)


posted by 黄櫻 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

ひょっとこライブ

2月7日に第15回ひょっとこライブを観に行ってきました。
思えば2009年に初めて観に行き、それから出演者だったり客だったりで毎年かかさず参加してきたと思います。
それが、この第15回を最後に終了するとの発表がありました。
毎年2月の第一土曜日に開催されていたビートルズも聴ける酒場ひょっとこ主催のライブです。
(なんかリンク貼れないのでとりあえずURL http://www.tocotocomap.com/node/36 )
当たり前のように2月の始めは「ひょっとこライブ」があると思っていた訳ですが、主催者さま達には大変な労力なのだよなあ、と改めて思い、さびしい気持ちと共に、本当にありがとうございました&お疲れさまでした、と言いたいです。

初めて観に行った時に、特に印象に残ったのが「Honnouji」というバンド。
確か、うろ覚えですが、昔バンドをやりたかったのに出来なかった人、挫折してしまった人達が集まって、合宿かなんかでなんとかバンドとして形にするという企画で集まったメンバーだったと思います。
今までいろんなライブを観たり出演したりしてきましたが、こういう所が「ひょっとこライブ」の面白さであり、居酒屋「ひょっとこ」の暖かいところなんです。
プロ並みの人達も、人生初めてのライブで頑張ってる人達も、同じステージにあがるんです。

私と同い年の飲み仲間のTちゃん、確か今回3度目のライブ出演だったと思いますが、一昨年は人生初のライブ出演で、その堂々ぶりにびっくらこきましたが、去年のバンドの成長ぶりにまたビックリ。
そんな、初めてバンドで出演してからの成長ぶりを見る楽しみもあったりしました。

自分に関しては、最初に観に行ってから、一緒に観た大昔にバンドメンバーだった友達と
「ジャニスのコピバンでひょっとこライブに出ない?」
「いいね。スージー・クワトロなんかもオジサン達にウケるんじゃない?」
と、昔の仲間が集まって「びっくりブラザー&ホールインワンカンパニー」を結成。
最初レディバンをやろうと思っていたのだけど、メンバーが集まらず男女混合になり、凄腕ドラマーをマスターに紹介していただいたり、そしてベースが今のダンナになったりした訳でして(*´Д`)

それと、昔やっていたレディバンCARMILLAを再結成したものの崩壊して辛い時期に誘ってもらったアン・ルイスのコピバン「ルン・アイスと新所沢心中」も、この時出演し、ダブルヘッダーで頑張りました。(今のダンナもこの日ダブルヘッダーだったんです)

自分の人生に深く関わってきたライブ企画でした。
本当にありがとうございました。
何かの形でライブは続けていただけるという話でした。その時は出演出来るバンドがあれば良いんだけど(^▽^;)

*まだロジック格闘ちうです(笑) でも絶対今年はブチかまします!!
posted by 黄櫻 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

彼岸花 (曼珠沙華) について

前回、ボーカリストに私の歌詞が難しすぎて歌えないと言われてしまった話を書きましたが、『二人キリ』はともかく『Spider Lily』は一見何が何やらだけど、そんなに難しくないと思うんだけどなあ、と自分で読み返しつつ思ってしまいます。
これを作成する際に、彼岸花の事を調べたんですが、これがもう何とゆーか、実に実に楽しく面白い作業でした!!
この花、実に深い!!
こんな記事 を見つけて、昔黒魔術系の本にハマッた時によく目にしていた「マンドラゴラ (マンドレイク)」とすんごい共通点があって、なんつー妖しい花なんだ!と思ったり。
図書館で植物図鑑的な本を借りようとしたら、まさに彼岸花だけについて書かれた本を見つけて読んだら実に面白くて、歌詞に使いたいフレーズが次から次へと浮かんできました。

IMG_6336_2
IMG_6336_2 posted by (C)SEAL OF CAIN
日本のひがんばな―リコリス属の種類と栽培

お彼岸の頃にお墓に咲く事等から、縁起が悪いと忌み嫌われてきたという歴史もある花で、私も結構嫌われますから(笑) そういう点でも愛おしくなります。
持って帰ると家が火事になるとも言われたとか。

彼岸花について書き出すと、ひとつの記事では足りなくなるので、程々にしておきますが、調べていて分かったのが「曼珠沙華」という名前の事。
元々は天から降ってくる柔らかい白い花の事が、途中で赤い花になったとか。
法華経にも「摩訶曼陀羅華 曼珠沙華」とあり、サンスクリット語で天上に咲く赤い花
と書いてあるサイトがありますが、さらに調べるとコレ少々間違ってるんですね。
摩訶曼陀羅華と曼珠沙華は別の花です。曼陀羅華はチョウセンアサガオの事で、「摩訶」は大きいという意味です。
法華経に、めでたいしるしとして四種の花が天から降ってくると伝えられています。それを「四華」と言い、曼荼羅華(まんだらげ)(白花)・摩訶曼荼羅華(まかまんだらげ)(大白花)・曼珠沙華(まんじゆしやげ)(赤花)・摩訶曼珠沙華(大赤花)です。
んで、これ4つとも、そのまま歌詞にしてしまえと思った訳です。白い曼珠沙華もありますしね。
それで「紅白の那由多の花弁舞い踊る」というイメージが出来た訳です。

此岸彼岸というのは、此岸は現実世界、彼岸は苦しみのない理想世界 (あの世) を言います。まさに今の時季なんですよね。

そして実を結ばずに球根によって増えていくという謎の花であり (その球根に毒を持っている所が凄い!) 花と葉が別々に生える、花の命の短い花です。
「如夢幻泡影」とは、夢から覚める事をカッコ良く言えないものかと調べて出てきました。
この世のことはすべて、ゆめ・まぼろし・あわ・かげのようで、実体がなく空であるということ。無常のたとえ。
という仏語です。
幻惑から覚めると赤い花が散り、一面に緑の絨毯になり、秋が来る、という感じです。


Spider Lily
作詞・作曲 吉乃黄櫻

空に向かい 夏の終わりを
告げるように 放射状に
伸びて乱れ咲く 天上の花

此岸彼岸 (しがんひがん) の交差する
御霊 (みたま) 漂う時季に咲き

四華 (しけ) 曼陀羅華 摩訶曼陀羅華
曼珠沙華 摩訶曼珠沙華
紅白 (あかしろ) の 那由多の花弁 (はなびら)
舞い踊る

Spider Lily 私の心を捉えて 離さない
Cluster Amaryllis 行き着く先は地獄と 知りながら
Spider Lily 恋慕の情抱かずには いられない
Cluster Amaryllis 幻惑の網仕掛ける 魔性の華よ

狂乱の 祭りの終焉
実を結ばず 命刹那に
燃え狂い咲く 妖 (あやかし) の花

如夢幻泡影 (にょむげんほうよう) 眼が醒めて
萌葱輝き 秋来たり

四華 (しけ) 曼陀羅華 摩訶曼陀羅華
曼珠沙華 摩訶曼珠沙華
アルカイドを その根に蓄え
獲物狙う

Spider Lily 私の心を捉えて 離さない
Cluster Amaryllis 行き着く先は地獄と 知りながら
Spider Lily 恋慕の情抱かずには いられない
Cluster Amaryllis 幻惑の網仕掛ける 魔性の華よ

Copyright © 2014 Kizakura Yoshino All Rights Reserved.
posted by 黄櫻 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

UNITEDの横ちゃん【追記あり】

昨夜いきなりの訃報にびっくりし、昔の想い出がずっと頭を駆け巡っています。
UNITEDは、私が20歳前後の頃、よく私達と同じ池袋PENTAでスタジオ入っていて、しょっちゅう偶然に会って、よくつるんで遊んでたんです。

昔の事で、かなり記憶が曖昧ですが、確かびっくりブラザー&ホールインワンカンパニーでキーボード担当のクリちゃんがドラムで、ボーカル&ベースをメン募 (メンバー募集) などして探していました。
それで、その日セットで来てくれるはずだったボーカル&ベースがドタキャン。
クリちゃんと2人ズドーンと沈みつつぶつくさ言いつつスタジオでだらだらしてたら、UNITEDの横ちゃんと、スケーターズブランドVIOLENT GLINDのクロちゃんがいきなり乱入。
そしてセッションでやるはずだったオジーの『クレイジートレイン』を演奏し、クロちゃんがデタラメな日本語ラップで歌い爆笑だったのですが、めちゃドライヴ感のあるベースにびっくらこき、うわあああすっげー!上手いリズム隊でギターを弾くって、こんなに気持ち良いんだ、とその時初めて知りました。
ほんと一瞬の時間だったけど、力強くて最高のベースでした。

後にCARMILLAというレディバンで活動していた頃、ベースが脱退し、ヘルプを入れてライブをやる事になった時、まさか無理だよねぇと思いつつ、横ちゃんに「ヘルプやってくんない?」と声をかけると「いいよ」と即答!
まさかの横ちゃんをベースに迎えてのライブが実現しました!
さっき、その時の写真を引っぱり出してきました。

IMG
IMG posted by (C)SEAL OF CAIN

IMG_0001
IMG_0001 posted by (C)SEAL OF CAIN

IMG_0002
IMG_0002 posted by (C)SEAL OF CAIN

IMG_0003
IMG_0003 posted by (C)SEAL OF CAIN

IMG_0004
IMG_0004 posted by (C)SEAL OF CAIN

その後UNITEDのメンバーチェンジがありました。
元々UNITEDはギターのまーちゃんが作ったバンドで、バンド名も曲もまーちゃんだったんですよね。それなのにバンド名も曲もそのままやるという方針に、それは違うんでねーか?と思い、横ちゃんと電話で話した時に
「バンド名も変えて、曲も新たにやれば良いじゃん」
って事を言った事があるんです。
詳しくは書きませんが、やり方に憤りを感じていて、よく呑み屋の会話的にですが、まーちゃんのバンドを横ちゃんが乗っ取った的発言はしてたんですよね。それは私だけではないのだけど、どこからか本人の耳にも入ったかもしれません。って言うか、本人にもハッキリ言った事と同じ事なのですけどね。

それから数年経ち、偶然池袋駅で会った時「お〜〜!久しぶりっ!」と向こうから声かけてくれたし、フツーにまだお友達のつもりでいたのだけど、それからまた数年経ち、なにげに偶然UNITEDの掲示板だったかを見つけたんです。
すんごい懐かしくて、私だとわかるように書き込みをしたら、めちゃ冷たくあしらわれて、そーゆーヤツか、と、それっきりになりました。
スラッシュとか聴かなくなってたし、良く知らなかったのだけど、その頃はUNITEDがおそらくかなりBIGになってたのでしょうね。
そしてそのUNITEDを今まで続けていた事が驚愕だし、それは素直に凄いことだと思います。
成功して海外の凄いアーティスト達と共演し、ビッグイベントに出演していたり、ほんと凄いと思います。なによりずっと今まで続けていた事は、並大抵の事ではないですよね。
だからこそ、あの時バンド名を変えて、新たにスタートしていたら、私も応援したし、そこだけは何か残念な気がしてしまいます。
それにしても、こんなに早くに亡くならなくても、と思わずにはいられませんよね。何故?という気持ちがぐるぐるしてます。
心からご冥福をお祈りします。

【追記】
ベスト盤や現行ラインナップでの再録などで、まーちゃん時代の曲も日の目を見ている事を知り、結果的には「UNITED」のバンド名で続けていたのは良かったのかもしれないですね。

IMG_5438
IMG_5438 posted by (C)SEAL OF CAIN

IMG_5439
IMG_5439 posted by (C)SEAL OF CAIN

UNITED

UNITEDストア


ラベル:横山明裕 United
posted by 黄櫻 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

KISSベスト40

イギリスの音楽誌「CLASSIC ROCK」のサイトで、読者投票による「キッスのベスト・ソング TOP 40」が発表されました。こちら
結果は以下の通りです。

40. War Machine
39. Tomorrow
38. Forever
37. Unholy
36. Sure Know Something
35. Modern Day Delilah
34. Makin' Love
33. 100,000 Years
32. Nowhere To Run
31. Heaven's On Fire
30. I Want You
29. Calling Dr Love
28. Crazy Crazy Nights
27. I Love It Loud
26. Creatures Of The Night
25. I Stole Your Love
24. Rock Bottom
23. Hard Luck Woman
22. Got To Choose
21. Rocket Ride
20. Firehouse
19. Goin' Blind
18. Nothin' To Lose
17. I Was Made For Lovin' You
16. Lick It Up
15. C'mon And Love Me
14. Parasite
13. Black Diamond
12. Hotter Than Hell
11. Shout It Out Loud
10. Shock Me
09. Love Gun
08. God Of Thunder
07. Beth
06. Do You Love Me?
05. Strutter
04. Cold Gin
03. Rock And Roll All Nite
02. Deuce
01. Detroit Rock City

40-31位から少しづつ発表されてたので、わくわくしつつ予想しながら見てたのですが、こういうものには必ず不満が出ちゃいますよね。なんでアレがないんだー!この曲がなんでこんなに低い順位?っつー(笑)

んで、これに関しては「Let Me Go, Rock‘N’Roll」は入ってるべきだと思うんですよね〜
この曲、遊びのセッションでやった事もあります。



個人的には「Take Me」「Mr.Speed」も欲しいところですが、この辺はマニアックな部類に入るでしょうから(笑) しかたないでしょう。





「Fire House」なんかは絶対ベスト10に入ると思っていたし、私のいちばん好きな「Shout It Out Loud」が11位というのも不満〜〜「Black Diamond」も低いですよねぇ。
「Shock Me」が10位に入っているというのは、エースファンがいかに多いかという事ではないかと思います。
意外だったのは「Beth」の7位に対し「Hard Luck Woman」が23位。ハードラックウーマンこそベスト10に入るべきだと思ったのですが。

メイクなしのLAメタル時代の曲では、私は「Lick It Up」って、それほど好きではなく、「Tears Are Falling」が好きなのだけど、入ってないですね。



全盛期ちょい過ぎのやつでは『I』って曲がかっちょ良くて好きなんですが、これも入ってないですね。



それと1位は「 Detroit Rock City 」と「Rock And Roll All Nite」どっちだろーと思ってたんですよ。そしたらにゃんと、2位に「Deuce」が来てるんですね〜( ´・∀・`) ヘー
1位に関しては文句ナシです!

※KISSの事もかなりメインに書いている私のエッセイがptokoさんに掲載されています。こちら
思いきり年バレますが(笑)、良かったらご覧くださいませ。
※バンドのFaceBookページが出来ました。応援よろしくです!
Red Spider Lily

KISS関連記事
KISS×サークルKサンクス まさかのコラボ「激辛チリトマトまん」を食べてみた
「KISS×HELLO KITTY」NEWグッズが登場!!
ロックの名盤特集 KISS、QUEEN、AEROSMITH

UNIVERSAL MUSIC STORE(ユニバーサルミュージックストア)

Sony Music Shop





posted by 黄櫻 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

ブラック・サバスを聴かせて植物は元気になったのだが……

※以前、某所のブログを書くお仕事で、最初に書いた記事。
いろいろと揉めて遂にUPされなかったので、もう関係ないし、ご紹介しても問題ないと思うので、今日はオジーの誕生日とゆーベストタイミングでのご紹介〜〜
タイトルは最初「植物にブラック・サバスを聴かせてみた」だったのですが、以下のように編集で変えられ、記事も原型をとどめていないくらいに変えられ、しかも「ブラックサバスを聴かせたら植物が枯れた」という結論に変えられて・゚・(ノД`)・゚・ さらには、ブッ飛んだ記事を書いてほしいとゆー要望に答え「ゴケミドロ魔子」とゆーちょ〜〜ブッ飛んだペンネームを考えたのだけど却下されたとゆー経過がありました。
↓↓↓↓↓↓

タイトル : ヘビメタは大輪の花を咲かせるか

まずはこの記事を。
植物に“大輪の花”を咲かせたければ、ブラック・サバスを聴かせるべし:英園芸家の実験より判明

これは世のガーデニング主婦に朗報です!

ブラック・サバスとは、1969年に結成されたイギリスのハードロックバンドで、オカルト・怖〜〜い曲をやってるバンドの、もう大御所中の大御所!!
マリリン・マンソンだとか聖飢魔Uだとかの元祖中の元祖みたいなもんなんです。

最近、初代ボーカルのオジー・オズボーンを迎えて再結成され、OZZFEST JAPAN 2013で来日して盛り上がりました!何故かももクロも出演しましたねー。
このイベントライブ、もはや誰も利用してないようなmixiのコミュニティーで2936人 (*5/21調べ) も参加してるぐらいの大盛り上がりなんです!

記事によると、植物にブラック・サバスを聴かせると、害虫がいなくなって育つんだとか。

ハードロック大好き主婦のゴケミドロ魔子が、早速やってみました。
聴かせたのは、例えばこんな曲。



食えるものしか育てていない我が家のプランターです。
ドアを網戸にして室内のCDデッキから聴かせた為、害虫のつく可能性の低い室内のバジルちゃん達にも強制的に聴いてもらいました。
…と言うか、室内のバジルちゃん達の方が爆音で聴いてる状態 です。

★初日撮影★





なんか近所の犬が吠えてます。



★3日目★

なにげにサンチュが元気になったよーな?



★5日目★
サンチュの花が綺麗に咲きました!!



そして
★6日目★
室内のバジルが・・・



枯れました・・・( ̄□ ̄;)

しかーし、
ベランダのサンチュに、たまにエカキ虫ってのにやられた形跡があったのですが…
こんなの↓↓↓


※画像はイメージです

それが全くなくなったのです!!

室内植物の一部が枯れるというオマケはついたものの…
記事は正しかったのです!!

害虫にやられて困っているガーデニング主婦のあなた、庭やベランダの植物にブラック・サバスを聴かせてみたら、いかがでしょうか。



**********広報担当 : ゴケミドロ魔子
超マニアックな映画・文学、サブカル大好きな妖しい主婦。
ハードロック好きなギタリストでもある。
料理も好きで、エスニック料理が得意。
意外な所で、野球好きの埼玉西武ライオンズファン。
ときたま所沢の西武ドームに出没している。




↑↑↑↑↑↑
仮面写真は合成です(笑)
【後日談】
実際ブラック・サバスで植物は元気になったのですが、いくら好きなバンドでも毎日ブラック・サバスでは人間が辛いです(爆)
なので、随分昔に買ってあった「ニーム香」ってのを使ってみたら結構効いたので、もっぱらソレになってます(笑)
植物は元気になるが、人間は枯れる。とゆー結論でしたゞ(≧ε≦o)

ニーム香

価格:600円
(2013/12/3 22:00時点)
感想(40件)




ニーム香 100g(13.5cm×70本)【基準強化によりメール便不可】

価格:598円
(2013/12/3 22:00時点)
感想(10件)




 














リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム








posted by 黄櫻 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

UNIVERSAL MUSIC STORE + EMI Records Japan 統合キャンペーン

UNIVERSAL MUSIC STORE と EMI Records Japanが統合したらしいですっ!

UNIVERSAL MUSIC STORE(ユニバーサルミュージックストア)


UNIVERSAL MUSIC STORE(ユニバーサルミュージックストア)



UNIVERSAL MUSIC STORE(ユニバーサルミュージックストア)


UNIVERSAL MUSIC STORE(ユニバーサルミュージックストア)

UNIVERSAL MUSIC STORE(ユニバーサルミュージックストア)

UNIVERSAL MUSIC STORE(ユニバーサルミュージックストア)

UNIVERSAL MUSIC STORE(ユニバーサルミュージックストア)
posted by 黄櫻 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

昔やってたバンドのLIVE映像UPしました〜

CARMILLAの後の後にやってたバンド、PRETTY FISHMONGER です。
'92年、三軒茶屋のHEAVEN'S DOOR でのライブです。
この時の対バンが、ぬわんとGOLDWAX! 音もパフォーマンスも、めちゃ凄かった!

んで、こんなに音悪かったけ? 状態でして…ごめんなちゃい。
このバンドは、たいていベースか私が元の音つくっていって、スタジオで全員でアイデア出し合って、どんどん変わっていって曲が出来るパターンでした。こういう曲づくりも、めちゃ楽しかったです。

















posted by 黄櫻 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

1970年伝説のツアードキュメント『フェスティバル・エクスプレス』

前から観たいとオモてる映画。って去年書いたのだけど(笑) こちら
まだ未観。
お誕生月でHMVのオンラインクーポンとか来たので、買ってしまおうかとオモたんだけど…
まとめ買い価格なら3152円、1枚買いだと3990円なんですよね〜(´ε`;)ウーン…

調べたら、価格.comでいちばん安いのがこちらでした!
3152円送料無料!!



どーしよっかなっと。







posted by 黄櫻 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

夏フェス〜〜

チケットぴあ

UNIVERSAL MUSIC STORE(ユニバーサルミュージックストア)

Sony Music Shop
posted by 黄櫻 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

気ににゃる新作〜〜〜

もうね、ジミヘンの「新作」が出ちゃったわけですよ。金欠だっつーのに、どーしましょ。
新作って言っても、未公開の音源探し出して、ってものしか出てこない訳で。でもジミヘンだから、やっぱ価値ありありな訳で。まだ出るか!って感じでもあるのですが。



ミュージックストア › "jimi hendrix"

そしてこちらは、正真正銘の「新作」ですっ! いつの時代もカッチョ良いこの人! 66歳!



ミュージックストア › "デヴィッド・ボウイ"

それから……
今のアーティストの中ではピカイチかと…(笑)







posted by 黄櫻 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。