2015年08月13日

冨田勲『月の光』

BS JAPANのエンター・ザ・ミュージックという番組で、この前冨田勲特集の2回目『月の光』がとりあげられていました。
冨田勲特集1回目の『ジャングル大帝』を見逃したのは痛恨の極み。ぜっっったい再放送していただきたいですっっ!

冨田勲さんは、私の亡き父の大学の同級生で友人で、父は『ジャングル大帝』のレコーディングも手伝っていまして、実家にゴールドディスクがあるんですよ〜
この『月の光』は小さい頃レコードでよく聴いてまして、9曲目の「ゴリウォーグのケークウォーク(「子供の領分」第6曲)」なんかキャッキャッ言いながらはしゃいで聴いてた記憶があります。楽しくて大好きでした。
この番組を観たら、この懐かしいアルバムをまた聴きたくなり、聴いてみたら子供の頃とは違う新たな発見がいろいろありました。
もうホント素晴らしすぎて。
宇宙に飛んでいく感覚。α波とか、すんごい出てると思います。不眠症や、あらゆる精神障害の治療になるんじゃないか、とマヂで思いました。
音ひとつひとつの素晴らしさ、今聴いても全く古くならないアレンジの斬新さ、もうホント凄すぎてビックリです。
うまく言えなくてじれったいのですが、とにかくこのアルバムは、どのジャンル好き関係ナシに誰もが聴くべし!!と言ってしまいましょう!!
夜寝る前がちょ〜〜オススメです。



エンター・ザ・ミュージックでは、1000万円するモーグシンセサイザーを購入した時のお話など、面白かったです。
税関を通らなくて、1ヶ月も待たされ、さらに保管料金までとられたとかΣ( ̄Д ̄;)

そーいや中学生になってからロックに夢中になった私、クラシックオタクの父にはロックを随分ばかにされまして、EL&Pの『展覧会の絵』を聴かせてみたら「くだらん」の一言で片付けられた事なども思い出しました(笑)
今になってみれば、お互いにいろいろと意地をはらずに、理解し合えて、音楽の話をもっと出来たら良かったな、と思います。



posted by 黄櫻 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゴールドディスクから音を拾い出してハイレゾCDにすることは
できないのでしょうか。CD版として出された
交響詩ジャングル大帝の音はLP版だったときのものよりも
悪いと思います。
Posted by アニメファン at 2016年05月18日 16:23
>アニメファンさん
コメントありがとうございます!
どーなんだろ。とりあえず今度実家から持って来て、その辺は機械音痴なのでダンナに相談して、やってみたいと思います(*^^*)
貴重なご意見感謝です!!
Posted by 吉乃黄櫻 at 2016年05月19日 15:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック