2015年08月30日

Facebookはじめました。

Facebookはじめました(笑)
吉乃黄櫻


posted by 黄櫻 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

腱鞘炎の手首サポーターはコレ!!

2月ぐらいに手首があやしくなって4月に医者に行き、腱鞘炎と診断されました。
注射3度打ったのですが、仕事辞めないと治らないですね(;_;)
昔から信頼しているペインクリニックに行っていて、左手中指がばね指でして、右手は親指の付け根が腫れてて痛く「腱鞘炎」としか言われていないんですが、調べるとおそらく「ドケルバン病」です。
1000円台から4000円台もするものまで、とにかくいろいろ試してみたけど、なかなか良いのに出会えず。
症状からして、親指が全部出ちゃうタイプは×だな、と。親指から手首までがっちりカバーしているものを探して、コレに辿り着きました。
もう数ヶ月使ってると思いますが、めちゃ良いです!!
着け心地もキツくないし、自分で調節出来るし、しっかりとガードしてくれます。
ちょ〜〜オススメです!!


posted by 黄櫻 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

阿部定のこと

この前飲み会で、ちょっと阿部定が話題にあがりました。
私は映画『愛のコリーダ』を観て阿部定に興味を持ち、いろいろ読めば読むほど面白く、まさにハマったのですが、阿部定に共感出来る訳ではないんです。
阿部定って自分とは全く正反対なんです。
私は、こう見えても(笑)、よく凹んだり悩んだりくよくようじうじ考えるタイプなんですが、阿部定って人は全く悩んだり苦しんだりしないタイプなんじゃないかと思うんですよね。
悩んだりする前に我を通して行動しちゃいますから、ああいう事になったんだと思うんです。
そこの所が実に面白いと思うんです。
恨みつらみ等演歌的世界とは無縁と言うか。
阿部定が愛したのは吉蔵そのものではなく、吉蔵のち×ぽだと思うんですよね(笑)
勿論、阿部定には自覚はなく「生涯でただ一度ホンキで惚れた」なんて言っている訳でして。
そんな阿部定の事を曲にしてますので、是非聴いてみてくださいませ!
YOU TUBE映像も作っているので、以前このブログでもUPしましたが再度貼っておきますが、映像的にはちと苦しい面が^^;



SOUND CLOUDの方が音も良いと思うので、是非こちらを〜〜
SOUND CLOUD - YOSHINOKIZAKURA

歌詞は、昭和のエロを表現するならピッタシだと思い、敬愛する澁澤龍彦先生的なフレーズをたくさん使わせていただきました。


二人キリ
作詞・作曲 : 吉乃黄櫻

狂おしい欲情の 焔に灼かれて
みだら事をかきたて アタシの器官疼いて
悦楽の玉座から どこへも行かせやしない
終わりなき 放埒な日々

アンタの屍躰(からだ)に アタシの名を刻み
二人の間に 何者も入らせないワ

転がる牛刀 紅く染まる敷布
これで 漸くアタシたち 二人キリ

生涯でただ一度 ホンキで惚れた
あなたが私だけの ものになりました

絞頸プレイ アタシの中でソレ 痙攣して
未体験ゾーンにやられ 悦び 酔い痴れて
愛し可愛い薬莢 誰にも触れさせやしない
終わりなき 危険な遊戯

いちばん可愛い 大事なものだから
いたぶりつくして 切り取って持って行くワ

転がる牛刀 紅く染まる敷布
これで 漸くアタシたち 二人キリ

Copyright © 2015 Kizakura Yoshino All Rights Reserved.

ラベル:阿部定 二人キリ
posted by 黄櫻 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

ベンチャーズ〜ドン・ウィルソン ラストツアー〜行ってきました!

2015-08-23 11.26.15
2015-08-23 11.26.15 posted by (C)SEAL OF CAIN

2015-08-22 16.02.24
2015-08-22 16.02.24 posted by (C)SEAL OF CAIN

毎年毎年全国各所回っているベンチャーズ。
いつでも観られるしね、なんて随分前に友達と話してましたが、ヘタしたらメンバー亡くなるから早く観に行っとかないとね、なんて言いつつ、今回やっと初でした。

ちょい年配の友達のダンナが
「ベンチャーズは大ホールなんかで観ちゃダメ。地方の小さい公民館で座布団に座って観るものだ」
なんて言っていて、それ(・∀・)イイ!! なんて会話をしてました。

んで今回、所沢市民文化センターミューズホールでのコンサートです。
公民館で座布団に座って観た訳ではないけど、雰囲気そんな感じの暖かいライブでした。
今回で最後の来日のドン・ウィルソンは80代だし、演奏とかノリ的には期待をしていなかったのですが、いやー良かったです!!
とーちゃんの後を次いでベンチャーズのドラマーになったリオン・テイラーが、とにかくしっかりしてますし、ベース&ギターがどちらもマルチに楽器交換して弾けるし、ジェリー・マギーのエレアコなんかも素晴らしくビックリでした。
長年ずっと現役で演奏してきているから、やはり再結成してリハビリするバントとは違いますね。

ドン・ウィルソンは、最近は凄くパワフルで「テケテケ」じゃなくて「ジャカジャカ」って感じですが(笑)、そのファンも、おそらく本人も弾くの楽しくて大好きな「テケテケ」のリズムがあやしくなってきたので、そんな事も引退の理由の1つにあるのかもな、と思いました。
飛行機の移動が辛くなってきた、という事らしいですけどね。

主にドラムのリオン・テイラーが、日本語まじえながらのMCをしていました。
「ベンチャーズのオリジナルの作曲」と何度か言ってましたが、日本の歌謡曲をいくつも作曲されてるのを皆さんご存知かと思います。
演歌が多くて、ちょっと眠くなったりしちゃいました(笑)

それにしても、オリジナルもカバーも良い曲揃いで楽しめたし、また照明がカッコ良かったです!
このホールで私も演奏したいな〜なんて思ってしまいました。
ミューズは何度か行っているけど、ロック系はあまりやってない気がします。

今NHK総合でサンダーバードやってますが、テーマ曲がほんっっと良いんですよね。ベンチャーズも昔のシリーズものの主題歌もいくつかやられててカッコ良いですよね。

今回最後のドン・ウィルソン、私英語はわからないのですが、自分は今回の来日が最後だけど、来年はベースのボブ・スポルディングの息子が加入し、ベンチャーズは永遠に続きます、って事言ってたみたい、と同行者に話してたんだけど、調べたらスポルディングがリズムギターに変更、スポルディングの息子さんがベーシストとして加入するそうです。
いやあ、凄いっす。代々引き継がれて続いて行くバンド、ベンチャーズ。

そうそう、会場に着いたら、なんと隣がお友達だったんです!ビックリ〜〜
こちら同様ご夫婦で、イケメンのご主人にははじめてお会いしました(=^^=)

めちゃ好きなかっちょい〜ビデオクリップ貼っときます↓↓↓




posted by 黄櫻 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

私が音楽をやる意味

この前、なにげに父の名前を検索してみたんです。
まず出てきたのがamazonでした。
父は、いくつかの楽器の初心者用教則本を出しているのですが、晩年の仕事で小さい出版社だと思っていたし、とっくに絶版かと思っていたので、amazon等でまだ売られているのにビックリ。

父は歌が上手くて、オペラ歌手のように歌うので、小さい頃は父が歌いだすと「家が壊れる〜」とふざけて言ってました。
N響で歌った事もあると母に聞いて、凄いな〜と思っていたのですが、高校生の頃に父と一緒に「第九」や「天地創造」を日比谷公会堂で歌ったという方の記事がありました。

父は満州からの引揚者でして、小さい頃はお金持ちの家で育ったらしいのですが、戦争で何もかも失い、お嬢さん育ちの母親 (私の祖母) は贅沢な生活を変えないので、父とその姉が大変お金の苦労をしたらしいです。
それで音楽の道にも進めず、大学は経済学部に進み、大手出版社に就職しましたが、給料はことごとく母親にもってかれたとか。

私は小さい頃から芸術に親しみながらも、データ入力の仕事をしながらバンドで作曲やライブ活動などを長年してきましたが、この前の冨田勲の番組を観て父を思い出したりしているうちに、自分が音楽をやる意味みたいなものを見つけだしたような気がしました。
歌の才能がありながら、その道に進めなかった父の思いも一緒に、私の音楽が認められたら良いな、と思いつつ、作曲活動を続けていこうと思います。
(歌の才能は遺伝しなかったんだけど・泣)
posted by 黄櫻 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

冨田勲『月の光』

BS JAPANのエンター・ザ・ミュージックという番組で、この前冨田勲特集の2回目『月の光』がとりあげられていました。
冨田勲特集1回目の『ジャングル大帝』を見逃したのは痛恨の極み。ぜっっったい再放送していただきたいですっっ!

冨田勲さんは、私の亡き父の大学の同級生で友人で、父は『ジャングル大帝』のレコーディングも手伝っていまして、実家にゴールドディスクがあるんですよ〜
この『月の光』は小さい頃レコードでよく聴いてまして、9曲目の「ゴリウォーグのケークウォーク(「子供の領分」第6曲)」なんかキャッキャッ言いながらはしゃいで聴いてた記憶があります。楽しくて大好きでした。
この番組を観たら、この懐かしいアルバムをまた聴きたくなり、聴いてみたら子供の頃とは違う新たな発見がいろいろありました。
もうホント素晴らしすぎて。
宇宙に飛んでいく感覚。α波とか、すんごい出てると思います。不眠症や、あらゆる精神障害の治療になるんじゃないか、とマヂで思いました。
音ひとつひとつの素晴らしさ、今聴いても全く古くならないアレンジの斬新さ、もうホント凄すぎてビックリです。
うまく言えなくてじれったいのですが、とにかくこのアルバムは、どのジャンル好き関係ナシに誰もが聴くべし!!と言ってしまいましょう!!
夜寝る前がちょ〜〜オススメです。



エンター・ザ・ミュージックでは、1000万円するモーグシンセサイザーを購入した時のお話など、面白かったです。
税関を通らなくて、1ヶ月も待たされ、さらに保管料金までとられたとかΣ( ̄Д ̄;)

そーいや中学生になってからロックに夢中になった私、クラシックオタクの父にはロックを随分ばかにされまして、EL&Pの『展覧会の絵』を聴かせてみたら「くだらん」の一言で片付けられた事なども思い出しました(笑)
今になってみれば、お互いにいろいろと意地をはらずに、理解し合えて、音楽の話をもっと出来たら良かったな、と思います。



posted by 黄櫻 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

なにげに円谷プロ的な、この前の満月

この前の満月、月が目玉になってて、半魚人かウルトラマンシリーズの怪獣みたいになってました(≧▽≦)
月がはっきり円に見えなくてボヤーッと光っているので、ちとわかりにくいかもしれませんが。

2015-08-01 21.07.55
2015-08-01 21.07.55 posted by (C)SEAL OF CAIN

2015-08-01 21.08.35
2015-08-01 21.08.35 posted by (C)SEAL OF CAIN

2015-08-01 21.08.45
2015-08-01 21.08.45 posted by (C)SEAL OF CAIN

2015-08-01 21.09.04
2015-08-01 21.09.04 posted by (C)SEAL OF CAIN








ラベル:満月 円谷プロ
posted by 黄櫻 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。